建物の屋上を森林にする?屋上緑化の意義を学ぼう!

屋上緑化が推進される理由と地域への影響

建物の屋上に植樹を行う屋上緑化は単に景色を良くするだけではなく、地域の環境を改善させる効果があります。植物は二酸化炭素を吸収して酸素を放出することから、温室効果をもたらす二酸化炭素を減らす目的で屋上緑化で行われています。特に都市部では急速に気温が上昇するヒートアイランド現象を緩和するために屋上緑化が推進されていますが、建物の構造や高さによって最適な植物の品種が異なるので注意が必要です。

植物を植えることで虫や小動物の住処が増え、生態系の保護に繋がるのも屋上緑化のメリットの一つです。その一方で糞や死骸によって周囲が汚損されるケースもあることから、衛生管理に気を配ることが大切なポイントです。

屋上緑化の管理方法と維持費の詳細

屋上緑化は建物の屋上部分に植物を植える行為ですが、植物の他に土壌の重さが建物全体に加わる点を注意する必要があります。特に古い建物は建材の劣化で耐久性が低下しているので補強材の使用が不可欠です。植物の品種によっては根を長く張る物があるので、建物を傷つけてしまう可能性があります。そのため、屋上部分を補強する他、植える品種の選択も慎重に行うことを心がけます。

屋上緑化の維持には適度な水やりや肥料の散布が欠かせません。また、枯れ葉や枝などが飛散しないようにネットを張るなどの工夫も必要になります。緑化の維持は立地や植物の品種によっては費用が嵩みやすいので、予め予算を確認しておくのが長く続けるための重要な条件です。

屋上緑化は最近のトレンドとみなされがちですが、古代から建物の断熱性を高めるために行われてきました。例えば、日本では昔からヒョウタンやヘチマを使って夏を涼しく過ごす方法が編み出されてきました。