ペットが欲しい!購入する方法とそれぞれの特徴

個人から譲ってもらう

個人といってもいろいろあって、近所の人が飼っているペットが子供を産んだので譲ってもらうという方法があります。他にもブリーダーと呼ばれる人にお願いして譲ってもらうやり方もあるのです。

いずれにしても直接飼い主さんの手に渡るわけですから、たらい回しにされずにすむのでペットにとってはストレスが少なくて良いです。そして前者の場合なら、無料で手に入るケースもあるのがメリットです。ただし、病気を持っているペットを引き取ることになるかもしれないですし、保証などもないのが一般的です。

そこでできるだけトラブルがない方が良いなら、多少のお金は必要ですが、専門のブリーダーさんを頼るのが無難です。血統書などの書類をつけてくれる場合もありますし、予防接種をすませたペットしか売らないといったところも珍しくないです。

それ以外の方法とは?

ペットが欲しいと考えた時に、真っ先にペットショップを頭に浮かべる人も多いでしょう。きちんとしたところなら、健康状態を確認してから仕入れているので、購入した直後にペットの体調が悪くなるといったことは少ないです。それにどこから買ってきたペットなのかを明確にしている場合もあって、そのようなペットショップなら安心して購入できます。

最後にペットのオークションですが、これはペットショップなどの業者に向けたものがほとんどです。どうしても参加したいなら、インターネットでブリーダーが出品しているオークションに利用してみましょう。しかし、ペットを選ぶには出品者が公開している画像を見るしかなく、実際に触れることはできません。

子犬飼いたいな、と思っている方へ。子犬販売なら神奈川です。愛情表現豊かで飼い主への忠誠心の強い子犬と暮らすことで、生活が明るくなります!